携帯型放射性核種分析装置



 一般のγ線サーベイメータに適用されているヨウ化ナトリウム(NaI)シンチレータに、独自に開発した信号復元技術 を組み合わせることにより核種分析ができるようになりました。
 従来のNaIシンチレータのエネルギー分解能は約50keVですが、本装置は分解能10keVで放射線源のスペクトルを測定・復元すること ができます。
  軽量で携帯可能なため、測定現場で容易に核種を識別することができます。

主な仕様

・エネルギー分解能:10keV
・信号復元方式: アンフォールディング応用演算法
・信号復元精度:±10%以内(放射能強度の定量値)
・データ更新周期:約1~2秒
・表示部:タッチパネル式 4.5インチ(100mm×60mm)
・電源:リチウムイオンバッテリ
・重量:検出プローブ 0.6kg、測定処理部 2kg(バッテリ込み)

ページのトップへ戻る